Home > Blog(旧)

(旧)海外ドラマ漬け生活

クリミナルマインド シーズン4 6話

  • Posted by: けいとりん
  • 2010年2月14日 18:17

Criminal Minds Season 4 #6 The Instincts 幼児誘拐

子供を誘拐された母親役で「ER」のDr.スカイ役、「24」のシーズン6で副大統領の秘書で愛人リサの役を演じたカリ・マチェットKari Matchettが出てましたね。 いつもどちらかと言うと無表情な印象でしたが、このエピの彼女はなんだか良かったです。

父親役はリード・ダイヤモンドReed Diamond。 「ザ・シールド」で悪徳警官ヴィックにいきなり殺されてしまいその後最終シーズンまで何度も名前だけは登場するテリー刑事を演じてました。 あと、今はグレイズ・アナトミーでDr.オーウェン演じるケヴィン・マクキッドが主演した1シーズン限りで打ち切りになったのになぜか日本でも放送された「ジャーニーマン~時空を越えた赤い糸」のケヴィン演じるダンの兄ジャックを演じてました。 ジャックも刑事でしたね。 一番有名なのは「ホミサイド 殺人捜査課」のマイク・ケラマン?こちらも刑事役ですね。

さらに、天才Dr.リードの母親役で私の大好きなジェーン(ジェイン?)・リンチJane Lynchが出演してました。 ジェーンいいですよね。 いつもパワフルでひねりが利いてるのに嫌味がない。 格好イイです。 「Lの世界」や「ハーパーボーイズ」、今は「Glee」に出演してますね。

女捜査官グレイス ~天使の保護観察中 シーズン2 10話

  • Posted by: けいとりん
  • 2010年2月14日 17:07

Saving Grace Season 2 #10 Take Me Somewhere, Earl 「 背中合わせ 」

ERのハーパー・トレシーことビバヒルのエミリー・ヴァレンタインことクリスティーナ(クリスティン?)・エリスが出てましたねー!!! あまりの老けっぷりに物悲しいものを感じました↓ 治安の悪そうな安アパートに住むおばさん役でしたが、荒んだ悲壮感が演技とは思えないわびしさを漂わせてました。 なんだかねー。

Christine Elise.jpg
男顔?かなり痛いクリスティーナ・エリス

Continue reading(注意!ネタバレあり)

サマンサWho?がおもしろい。

今私のイチオシ海外ドラマは、1月からAXNで放送が始まった「サマンサWho? Samantha Who?」です!とにかくすごくおもしろいです♪

主人公はひき逃げ事故に遭い、記憶喪失になってしまったサマンサ(クリスティーナ・アップルゲイト Christina Applegate)。彼女の過去の正体はなんとも性悪女(ビッチ)で周りから敬遠されてたどころか相当嫌われてたらしい。でも、そんなビッチな記憶なんてないサマンサが自分の過去の汚点に右往左往するコメディドラマです。

サマンサWho?がおもしろい。

Continue reading(注意!ネタバレあり)

NYPD Blue シーズン2 第12話

ボビー・シモーンと関係を持つ記者ベニータ・オールデン役で「CSI:NY」のステラ・ボナセーラ役のメリナ・カナカレデス(Melina Kanakaredes)が出演。メリナ・カナカレデスはシーズン2に4話、シーズン1に1話ゲスト出演しています。

「CSI:NY」ではカッコイイ女性像のステラ・ボナセーラを演じていますが、こちらのベニータはもうちょっと女女した感じでセクシー女性です。「NYPD Blue」はなんというか、男による男のための男のザ・刑事ドラマなので、女性キャラもかなり男目線のイイ女なんですよね。

NYPD Blue シーズン2 第12話

Continue reading(注意!ネタバレあり)

NYPD Blue シーズン2 第9話

アンディ(デニス・フランツ)の断酒会の世話役ダンの息子(統合失調症かな?)のダニーを演じたのは、「ヴェロニカ・マーズ Veronica Mars」でヴェロニカの父親キース役を演じたエンリコ・コラントーニ(Enrico Colantoni)。さすがにすごい若かったですね(笑)。髪のせいかな?ヴェロニカの時の元保安官の頼れるパパと正反対のサイコなダニー役。この人はイイ人役より小気味よいちょっと悪っぽい役の方が似合ってる気がすると思っていたけど、サイコな役もこなせるんですね。

NYPD Blue シーズン2 第9話

Continue reading(注意!ネタバレあり)

CSI:NYシーズン4

WOWOWでいよいよ「CSI:NY」のシーズン4が放送を開始しましたね。シーズンを重ねる毎に垢抜けるというか、派手な演出になってきた感じでエンターテイメント的要素が高まってきた「CSI:NY」。個人的には、シリーズが始まった当初のジメッとしたNYの寒々として凛とした雰囲気も好きでした。

エンターテイメント的要素といえば、シーズン3ではチーフのマック・テイラー&ペイトン、ダニー&リンジーという2組カップルが誕生しましたが、今シーズンではどんな展開を見せるのか楽しみですよね。さらに、今シーズンではマックにつきまとう「333キラー」というストーカーが登場。マックの過去となんらかの関係があるらしいです。

CSI:NYシーズン4

Continue reading(注意!ネタバレあり)

ボストン・リーガル

法廷の弁論とか全然面白くもない一応法廷ドラマ「ボストン・リーガル」。面白くないなぁと思いつつ、たまに面白いエピもあるので惰性で見てます。そんな「ボストン・リーガル」もいよいよシーズン3に突入しました。

このシリーズはとにかくキャストがコロコロよく変わりますよね。なんだか使い捨てって感じであまりいい感じはしまぜん。

ボストン・リーガル

Continue reading(注意!ネタバレあり)

「SHARK」 シーズン1 第11話 突然そんなぁ

LAPDは、ギャングに武器を供給している武器の密輸ディーラー、アミール・カーンを逮捕しようと刑事2人ウィリーとレイにおとり捜査をしていた。しかし、FBIが介入してきて24時間以内にカーンを逮捕できない場合は捜査権がFBIに移っていなうことに。シャークら地元警察チームはカーンを逮捕しようと必死だが、カーンの手下だが取引して警察の情報屋になったエミリオ・ペレスが怯えて逃げ腰になってしまう。マーティンらはエミリオを説得し、取引が実行されることになったがカーンに見破られて取引は無効に。エミリオは行方不明に。エミリオの妻エレナに事情を聞くと、娘フローラが誘拐されたことが判明する。エミリオが逮捕され、事情を聞くと刑事レイが悪徳警官で裏でカーンと繋がっていると供述する。

「SHARK」 シーズン1 第11話 突然そんなぁ

Continue reading(注意!ネタバレあり)

「SHARK」ジェームズ・ウッズ以外は魅力なし

特に可もなく不可もない感じのFOXで放送中の「SHARK」。主演のおやじセバスチャン・スターク役のジェームズ・ウッズの存在感ばっかりが目立ってしまって、他に特に個性がないって感じです。「SHARK」は手段を選ばない凄腕のカリスマ弁護士から一転検察官に転身したシャークことセバスチャン・スタークと、その若手スタッフの活躍を描く法廷ドラマです。ストーリーはそれなりにおもしろいですが、シャークの個性以外の独自性があまり感じられません。

「SHARK」ジェームズ・ウッズ以外は魅力なし

Continue reading(注意!ネタバレあり)

ブラザーズ&シスターズのケヴィンの男特集

AXNでシーズン2を放送中の「ブラザーズ&シスターズ Brothers & Sisters」ですが、何気にハマってます。シーズン1を最初見た時はキティ(キャリスタ・フロックハート)はギャーギャー煩いし、キティ演じるキャリスタはアップになると歳を隠せずに「アリー My ラブ」を見てた私としてはなんとなく悲しい気持ちになって、やたら仲良しの家族というのもかなりウザイと思ってしまいました。けど、何かで「キティの相手役でロブ・ロウが出てくる頃からストーリーが俄然面白くなる」と読んだので我慢?しながら見てました。結局シーズン1が終わる頃には最初は違和感を感じていたウォーカー・ファミリーに自分がすっかり馴染んでしまっていました。

ブラザーズ&シスターズのケヴィンの男特集

Continue reading(注意!ネタバレあり)

Index of all entries

Home > Blog(旧)

Search
Feeds
Blog Parts
あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top