Home > Blog(旧) > ボストン・リーガル > | 番組総評 > ボストン・リーガル

ボストン・リーガル

法廷の弁論とか全然面白くもない一応法廷ドラマ「ボストン・リーガル」。面白くないなぁと思いつつ、たまに面白いエピもあるので惰性で見てます。そんな「ボストン・リーガル」もいよいよシーズン3に突入しました。

このシリーズはとにかくキャストがコロコロよく変わりますよね。なんだか使い捨てって感じであまりいい感じはしまぜん。

↓↓↓注意!この先ネタバレあり↓↓↓

シーズン2の後半から登場した事務所のパートナーとして引き抜かれたすご腕弁護士でアランともできちゃうマーリーンがシーズン3の1話であっさりいなくなってしまいました。コロコロ変わる女性メンバーでマーリーンはかなりお気に入りだったので残念ですね。ただのゲスト出演ならなにもパートナーという設定にしなくても。。。いなくなる時に無理があるよね~。個人的にはいまいちパッとしなかったデニースもマーリーンとの女の対決が結構光っていたのに~。本当残念です。マーリーン役のパーカー・ポージー(Parker Posey)は映画を中心に活躍してきた演技派の女優さんで、2008年に「The Return of Jezebel James」というTVドラマで主演しますが、視聴率が振るわずにシーズン1で打ち切りのようです。

parker_posey.jpg
個性が光る演技派パーカー・ポージー

シーズン3から新たに加わる弁護士は、ジェフリー・コーホー役のクレイグ・ビエコ とクレア・シモンズ役のコンスタンス・ジマー 。イマイチぱっとしないなぁと思っていたら、やっぱりシーズン3限りで降板のようです。1シーズン限りでコロコロ変える前にちゃんと練ったキャラで人選して定着させようよぉと思うのですが。。。

シーズン1に出演していたメインキャストで降板したのは↓

  • 弁護士サリー役のレイク・ベル(Lake Bell)がシーズン1の12話で降板。(シーズン3で2話ゲスト出演するようです。)・・・「ザ・プラクティス」の頃からの絡みでしたよね。アランとサリーの関係はもう話を広げようがなかったのでしょうね。
    lake_bell.jpg
    なぜか幸薄そうに見えるレイク・ベル
  • 弁護士ローリー役のモニカ・ポッター(Monica Potter)がシーズン2の5話で降板。・・・この人なんで降板だったんでしょう?シーズン2から登場するデニースの役はローリーでも良かったような。。。
    monica_potter.jpg
    割と好きですモニカ・ポッター
  • 弁護士タラ役のローナ・ミトラ(Rhona Mitra)がシーズン2の3話で降板。
    rhona_mitra.jpg
    いつ見ても同じ顔に見えるローナ・ミトラ

シーズン2にメインキャスト入りして降板したのは↓

  • 弁護士サラ役のライアン・ミシェル・ベイズ(Ryan Michelle Bathe)がシーズン2の9話で降板。・・・なんか初めから浮いてましたよねぇ。
    ryan_michelle_bathe.jpg
  • 弁護士ギャレット役のジャスティン・メンテル(Justin Mentell)がシーズン2の15話で降板。・・・こちらも初めから浮いてましたよねぇ。
    justin_mentell.jpg

今後降板する予定なのは↓

  • シーズン3の2話から登場した弁護士ジェフリー役のクレイグ・ビエコ(Craig Bierko)がシーズン3の15話で降板。
    craig_bierko.jpg
  • シーズン3の2話から登場した弁護士クレア役のコンスタンス・ジマー(Constance Zimmer)がシーズン3の24話で降板。
    constance_zimmer.jpg
  • シーズン2の7話から登場したアレンの助手メリッサ役のマリサ・カフラン(Marisa Coughlan)がシーズン3の7話で降板。
    marisa_coughlan.jpg
  • シーズン2の1話から登場した弁護士デニース役のジュリー・ボーウェン(Julie Bowen)がシーズン3の23話で降板。
    julie_bowen.jpg
  • シーズン1の1話から登場した弁護士ブラッド役のマーク・ヴァレイ(Mark Valley)がシーズン3の24話で降板。シーズン4は2話ゲスト出演しているけど、役名に地方検事補という肩書きが追加されているので、転職したのかな?
    mark_valley.jpg
    つまんない役だったけど、意外と長くて、頑張ったよね~ブラッド役のマーク・ヴァレイ

デニース役のジュリー・ボーウェンと、ブラッド役のマーク・ヴァレイは別として、他の降板した人達って最初からいらなかったんじゃ。。。と思ってしまうような簡単な切られ方してますよね。大御所3人衆、アラン・ショア役のジェームズ・スペイダーとデニー・クレイン役のウィリアム・シャトナー、シャーリー・シュミット役のキャンディス・バーゲン以外はどうでもいいみたいな感じで、キャスティングに製作側の愛情が感じられないんですけど。大しておもしろくないし。でも、大御所3人衆は毎年のようにエミー賞にノミネートされていて、受賞もしてますよね。大御所3人衆はやっぱり存在感もあるし、演技も光ってます。けど、ストーリーは。。。などと文句を言いつつ私は一体いつまでこのドラマを見続けるのでしょうか。。。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

  • ボストン・リーガル

この記事と同じキーワードの記事の一覧を見る

この記事と同じテーマの記事の一覧を見る

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
/144
Listed below are links to weblogs that reference
ボストン・リーガル from (旧)海外ドラマ漬け生活

Home > Blog(旧) > ボストン・リーガル > | 番組総評 > ボストン・リーガル

Search
Feeds
Blog Parts
あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top