Home > Blog(旧) > SHARK > | 番組総評 > 「SHARK」ジェームズ・ウッズ以外は魅力なし

「SHARK」ジェームズ・ウッズ以外は魅力なし

特に可もなく不可もない感じのFOXで放送中の「SHARK」。主演のおやじセバスチャン・スターク役のジェームズ・ウッズの存在感ばっかりが目立ってしまって、他に特に個性がないって感じです。「SHARK」は手段を選ばない凄腕のカリスマ弁護士から一転検察官に転身したシャークことセバスチャン・スタークと、その若手スタッフの活躍を描く法廷ドラマです。ストーリーはそれなりにおもしろいですが、シャークの個性以外の独自性があまり感じられません。

↓↓↓注意!この先ネタバレあり↓↓↓

シャークは妻と離婚していて、16歳の娘ジュリーが元妻の再婚を機になぜか突然シャークと住むことになったという設定で父娘の2人暮らしをしているのですが、この2人の会話がなんだかうざいんです。ドラマに必要ないような。。。仕事人間のできる男のシャークと家に帰ると娘一人に手を焼いている普通の男シャークの2面性を出したいのでしょうが、父娘シーンになるとチャンネルを変えたくなります。ジュリー役のダニエル・パナベーガーはかわいいですが、ジュリー役はイタイです。正論をギャーギャー喚き立てるやたら可愛いすぎる娘と頭でっかちの父親。2人の口論を見ていてもしらけるだけで、正直うっとおしい。そんなにイヤなら仲良しのママのいるNYにでもさっさと行ってくれと思ってしまいます。

shark.jpg

上の写真でちょっと分り辛いのですが、一番左に写っているのはメインキャストではないのですが、一体誰なんでしょうか?第1話のパイロット版でシャークと敵対する弁護士をアニタ・アスティンを演じたリン・ウィットフィールド(Lynn Whitfield)に見えるのですが違うのかな?もしそうだとすると、番宣の写真っぽいし、本当はメインキャスト入りするはずだったけど、蓋を開けてみたらパイロット版だけの出演となってしまったってことでしょうか?

ところで、そんな「SHARK」ですが、本国アメリカではシーズン2で打ち切りになったようです。まぁ特に残念でもないような。。。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

この記事と同じキーワードの記事の一覧を見る

この記事と同じテーマの記事の一覧を見る

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
/142
Listed below are links to weblogs that reference
「SHARK」ジェームズ・ウッズ以外は魅力なし from (旧)海外ドラマ漬け生活

Home > Blog(旧) > SHARK > | 番組総評 > 「SHARK」ジェームズ・ウッズ以外は魅力なし

Search
Feeds
Blog Parts
あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top